2004年08月23日

カスピ海ヨーグルトって?

カスピ海ヨーグルトをまだ知らない人のために…


“どこからやってきた?”

カスピ海ヨーグルトが日本に入ってきたきっかけは…?

 京都大学名誉教授:家森幸男医学博士が、
長寿食研究でカスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方にある『グルジア』という国が、100歳を越えるお年寄り達が健康で生き生きと暮らしていることを発見!
この地の家庭で代々受け継がれ、毎日作られ食べられていたこのヨーグルトを分析の為に日本に持ち帰ってきたものが全国に広まりました。


“ブームになったのは…?”
 ・酸味が少なく食べやすい
 ・独特のトロミ
 ・好みの牛乳で作れる
 ・市販のヨーグルトより安い
 ・家庭で簡単に作れる
   →市販のヨーグルトは、発酵適切温度が40℃など適した環境を維持、保存して作り続けるのが難しい。
    カスピ海ヨーグルトはほぼ室温に放置しておけば作れます。


“カスピ海ヨーグルトに入っている主な菌”

・クレモリス菌
  日本の市販のヨーグルトにはほとんど含まれない中温性乳酸菌
・アセトバクターかん菌
  酸素を好むかん菌で、乳酸菌と共存するのは珍しい。

続きを読む
posted by ドルっち at 16:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カスピ海ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。